安い!でも効果あり】若ハゲ改善の育毛剤の選び方(市販も含む)

若ハゲを改善する市販の育毛剤、ネット通販の育毛剤、皮膚科、AGAクリニックとの比較

育毛ってお金かかりますよね。

 

しかも、本当は育毛剤にお金かけたくない人が多いと思います。

 

 

ここでは、育毛剤の価格も1,000円しないものから10,000円超えのものまでピンキリありますね。
同じ育毛剤でも1,000円ぐらいの育毛剤で効果はあるのでしょうか?

 

 

まだ薄毛が進行してない人が予防で使う「育毛トニック」と呼ばれる育毛剤

 

育毛トニック、高校生や中学生も使うやつ

 

上記が画像のような、よくドラッグストアで売っている1,000円〜2,000円、3,000円ぐらいの育毛剤は、いわゆる「育毛トニック」とよばれ、薄毛を治す育毛剤ではありません。

 

 

たしかに、頭皮の血行をよくする成分が入っており【発毛促進!】などのキャッチコピーがかいてあったり、毛母細胞に栄養を与える成分は含まれていますが、進行した薄毛を治すほどの効果はありません。

 

 

これらの育毛トニックはあくまで、まだ髪のある人が、将来薄毛にならないように予防するためのものです。

 

つまり、生え際や後頭部が「最近薄くなった?」と感じた人、つまり薄毛の進行が始まった人は使う育毛剤ではないということです。

 

 

育毛にお金をかけたくない、10代や学生の人にありがちですが、これらの育毛トニックは薄毛の進行が始まった人がつけても意味がないです。

同じ1,000円を払うなら安い育毛剤を買うよりノコギリヤシをかったほうがコスパがある

ノコギリヤシサプリ

 

もし、薄毛が進行していて極限に育毛にかけるお金を抑えたいのであれば、ノコギリヤシサプリを選ぶ方法があります。

 

 

ノコギリヤシはAGAの効果を抑えるプロペシアと同じ作用があるので、AGAが原因である「後頭部のつむじハゲ」「生え際のM字ハゲ」の進行を止める効果が期待できますね。

 

 

もちろんプロペシアとまったく同じAGA抑制効果はあるわけではありませんが、初期段階の薄毛ならノコギリヤシサプリでなんとかなったります。

 

 

どこのドラッグストアにでも売ってますし、価格は1ヶ月分850円〜1,000円前後かと。
当サイトでの850円で髪を維持する方法は、このノコギリヤシサプリを使ったものです。

 

 

>>育毛剤で発毛した髪を維持するには、ノコギリヤシが経済的。

 

 

 

ただ、この髪の維持も薄毛の状態で維持しても、あまり意味がないと感じる人もいると思います。
そういう人は、最初に初期投資だと思って、育毛剤にお金をかけるという選択肢があります。

 

 

一度髪を生やした状態で、維持したほうがメリットがおおきい。

髪を生やす方法

 

たしかにノコギリヤシで髪の維持は、できると思いますが、それはあくまで薄毛の状態のままの維持のとどまります。

 

 

そうではなくて、一度髪を発毛させた状態、髪の本数を増やした状態で維持したほうが大きなメリットが見込めます。

 

 

  • 髪にボリュームがでる
  • 髪にハリやコシがでてワックスなどの整髪料のセットがきまりやすくなる
  • 髪が増えることで頭皮の見える面積が減るので、紫外線の影響を受けにくくなる
  • 鏡の前で薄毛を気にしなくなる、憂鬱な気持ちにならなくなる

 

 

などなど、他にいろいろありそうですね。

 

ただ、育毛剤は市販品からネットの育毛剤、AGAクリニックなど選択肢が様々でどれを選べばいいか分からないですね。

 

ここで、

 

 

 

「市販品の育毛剤」「ネットの育毛剤」「皮膚科でもらえる育毛剤」「AGAクリニックでもらえる育毛剤」を比較してみたいと思います。

 

 

 

ただし、効果が期待できるのは、初期段階の薄毛だけです。

 

 

薄毛になってから5年〜10年経っているようなタイプでは、育毛剤だけではなかなか治りづらいです。
そのような人は、育毛剤を選ぶことを考えるまえに、AGAクリニックに診察にいくことをおすすめします。

 

 

だいたい薄毛の初期段階というのは、

 

 

後頭部(つむじ周りなら)下記画像が、初期段階といわれます。

 

後頭部のつむじハゲの画像1
後頭部のつむじハゲの画像2
後頭部のつむじハゲの画像3
後頭部のつむじハゲの画像4

 

 

前頭部の生え際の薄毛なら

 

生え際前頭部の薄毛画像1
生え際前頭部の薄毛画像2
生え際前頭部の薄毛画像3

 

 

育毛剤で薄毛を治療した場合、個人差はありますが、うまくいけば3ヶ月で目に見えた若ハゲの改善効果が見込めます。
(画像はネットの育毛剤チャップアップで改善した画像です)

 

後頭部の薄毛が治った画像

 

生え際、前頭部の薄毛が治った画像

 

 

仮に初期段階の薄毛を上記画像のように3ヶ月で育毛剤を使って治すと仮定した場合、かかる費用は、、、

 

 

 

  • 市販の育毛剤を利用した場合:3万〜4万
  • ネットの育毛剤を利用した場合:1万未満
  • 皮膚科で治療した場合:4万前後
  • AGAクリニックで治療した場合:10万前後

 

 

だいたいこんな感じです。
市販の育毛剤が以外と高いですね。次からその理由を説明します。

【育毛剤市販】若ハゲを改善する市販の育毛剤はリアップx5だけ?

薄毛が治したい人の育毛剤リアップ

 

 

薄毛の進行がはじまった人が、市販の育毛剤を使って治そうと思うなら、「リアップx5」一択になります。

 

理由は、生え際や後頭部の薄毛の原因は、ほとんどがAGAが原因であり、AGAに効果があるとされているのが、ミノキシジルという頭皮の血行を促す成分だからです。

 

 

このミノキシジルというのは、育毛トニックに含まれている血行促進成分とは比較にならないほど強力です。

 

 

髪の発毛にはなくてはならない威力です。

 

ただ、注意点があり、リアップは頭皮の血行を促し発毛を促進させる効果はありますが、AGAの症状を止める効果はありません。

 

 

そのため、リアップを使う際は、プロペシアなどAGAを抑えることが可能な薬と一緒に使わないと、あまり効果はでません。

 

価格はリアップの相場が7,000円ぐらい、プロペシアが8,000円(それぞれ1ヶ月分)だとして、月15,000円。
それを3ヶ月使うので、だいたい45,000円ぐらいの予算です。

 

 

ただし、未成年はリアップもプロペシアも購入できませんので注意してください。

【ネットの通販】価格と効果のバランスがよくコスパ力抜群!

チャップアップ

 

 

ここ4,5年でいっきに人気になってきたのが、ネットで買うことができる育毛剤です。

 

 

特徴は、

 

 

  • 育毛剤1本の中にAGAを抑える効果と血行促進成分の両方が入っている
  • 容量が多いため1本で長く使える
  • 未成年でも使えるため10代のAGAタイプの薄毛にも効果的

 

 

化学成分なしの、完全に天然成分のみで作られているので、副作用がなく未成年でも使えます。
また、プロペシアとミノキシジルの代わりになる成分が育毛剤1本の中に含まれており、コストパフォーマンがすぐれており、ハードルが低いのも魅力です。

 

 

  プロペシア リアップs5 ネット育毛剤
AGA抑制効果 あり(フィナステリド) なし あり(オウゴンエキスなど)
発毛効果(血行促進) なし あり(ミノキシジル) あり(M-034)

 

 

価格も1本7000円〜と、安くはないですが容量が多いので初期投資としてはかなりコスパがいいです。

 

例えばリアップだと容量が60mlで1ヶ月分ですが、ネットの育毛剤(仮にチャップアップやイクオスだとします)の場合、120mlで2ヶ月以上持たせることも可能です。

 

そして、初期段階の薄毛だとそんなに量も使わなくてよいので、1本だけで3ヶ月もたせている人も多いです。

 

 

例えば育毛剤チャップアップを例にとると

 

8,000円(育毛剤単品)のみで3ヶ月使用できます。

 

イクオスならサプリセットで7,000円で住みますね。

 

 

>>ネット育毛剤、市販の育毛剤の成分比較表はこちら

 

【皮膚科での治療】市販品で医療することと大差なし

AGA皮膚科

 

皮膚科での治療の場合、処方される薬はミノキシジル入りの外用薬とプロペシアが一般的です。

 

 

つまり、市販品のリアップs5を使って治すのとほぼかわりません。

 

 

 

お医者さんに見てもらえる安心感はありますが、大抵ちょっと頭をジロジロ見られて「お薬だしておきますねー」と言われ終わりです。

 

 

保険で薬が安く買えるわけでもないので、今のところ皮膚科で治療するメリットはそれほどないといえます。

 

そして、未成年の人は薬は処方してもらえないので、いっても「20歳になったらまた来てくださいね」と言われて終わりです。

【AGAクリニック】高い!けど治る確率は一番高い

都内のAGAクリニック

 

一番薄毛が治る確率が高いのが、AGA治療を専門に行っている、いわゆるAGAクリニックです。

 

 

薬の処方はもちろん、血液検査を行い、どの薬が一番効果的かなどを調べたり、育毛サプリメントととの併用など、ありとあらゆる薄毛の可能性の潰していく治療症が主です。

 

 

 

ただ、

 

 

高いです(値段が)

 

 

都内にあるメンズヘルスクリニックを例にとると、初診の検査が10,000円で、毎月30,000円の治療費がかかります。
3ヶ月で治ったとしても、治療費が100,000円かかることになります。

 

メンズヘルスクリニック価格

 

 

あと、AGAクリニックもやはり未成年は薬が処方されませんので、AGAクリニックは選択肢にはできないですね。

まとめ

これまでの内容をまとめると

 

 

  • 1,000円くらいの安い育毛剤を買うならノコギリヤシのほうがよい
  • 一度髪を発毛させ、それから維持したほうがメリットが大きい
  • 市販品で薄毛を治すならリアップx5とプロペシアの組み合わせ
  • ネット育毛剤はコスパがよく、未成年でも使える

 

 

となります。

 

 

今は若ハゲの治療法として選択肢が多いので、いろいろ迷うことが多そうですね。
安くてもとりあえず現状維持できてればいいのか、最初にちょっと初期段階あっても髪を増やしてから維持したほうがいいのか。
一度じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

若ハゲの育毛剤人気ランキング

(+)【コラム】育毛剤のタイプと選び方。

 

 

若ハゲ、薄毛を改善するために、育毛剤選びはとても重要になります。なぜなら、若ハゲ、薄毛の原因にあった育毛剤を選ばないと改善できものも改善できなくなってしますからです。
ここでは、3タイプの育毛剤から、若ハゲ、薄毛にあった育毛剤を選んでいきましょう。

 

育毛剤には次の3つのタイプの育毛剤があります。

 

育毛剤の種類

 

  1. 血行促進系
  2. 栄養補助系
  3. 男性ホルモン抑制系

 

中でも若ハゲの改善に効果があるのが、血行促進系と男性ホルモン抑制系です。
それぞれ、詳しくみていきましょう。

 

血行促進系

これは、育毛剤の中でも一番多くの種類が販売されています。一番手ごろだと1,000円前後、高くて5,000円以上のもあります。
代表的な育毛剤は、リアップ、サクセス、薬用凌駕あたりです。

 

頭皮の血行不良からくる、抜け毛を抑える効果、発毛する効果があります。
ですが、価格帯によってだいぶ効果が変わるので注意が必要です。

 

主に薬局で1,000円前後で売られているような育毛剤は、血行促進作用はあるものの、効果がかなり微量です。
また、発毛(毛が生える)までの効果はほぼないと言っていいでしょう。
育毛剤をつけたあと、ほんの少し血管が拡張して、育毛剤をつける前に比べれば血行がよくなったかな、ぐらいの話です。

 

市販の育毛剤で、血行促進に一番効果が強いのが、断トツリアップです。
医薬品であるミノキシジルが配合されており、育毛剤だけで髪を発毛させることもできます。

 

また、ミノキシジルという成分は医学的にも薄毛に効果があると認められている成分であるため、信頼性においては右にでるものはいません。

 

リアップ

 

栄養補助系

育毛剤に、多くの有効成分を含めたタイプの育毛剤です。
髪にいいとされる成分や漢方などをまぜたタイプです。独特な匂いがあるタイプが多く、いわゆるオヤジのつける育毛剤みたいなイメージでしょうか。
市販品では、あまり販売されておらず、ネット販売も含めると、代表的な育毛剤はナノインパクト、リアルラゾンDX、WAKAです。血行促進系にはいっていた薬用凌駕も栄養補助系の効果もあります。

 

このタイプは、加齢によって頭皮や毛根の働きが弱っているタイプに効くといわれており、50代や60代の方がよく使用する育毛剤です。

 

薬用凌駕の効果

 

男性ホルモン抑制系

これは、AGA(男性型脱毛症)に効果のある育毛剤です。
一般的に若ハゲや10代20代からの薄毛の原因の80%以上は、AGAの影響と言われているので、若ハゲには効果が抜群です。

 

AGAの抜け毛の原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑えることで、髪の脱毛を強力に防ぎます。
今、一番選ばれているタイプの育毛剤です。このタイプは市販品では販売されておりません。
有名なのが、チャップアップ、ブブカ、薬用プランテル、RHIZOGAIN、イクオスなどです。

 

チャップアップの効果

(+)【コラム】血行促進系と男性ホルモン抑制系の両方が入っているタイプが効率的。

 

 

医者

 

若ハゲの抑制に効果的なのは、男性ホルモン抑制系の育毛剤です。
まず、このタイプの育毛剤で、今ある髪を維持するため抜け毛を止めることができます。

 

それに加え、リアップなどの発毛効果があるタイプも同時に使用すると、髪の発毛も可能となります。

 

ただ、現在の育毛剤は男性ホルモン抑制系と血行促進系の育毛剤の両方の効果があるタイプが発売されております。

 

チャップアップイクオスのような男性ホルモン抑制の効果があり、なおかつミノキシジルと同等の効果のある血行促進系の効果も含まれているタイプです。
このタイプのメリットは、育毛剤1本だけで、AGAの抜け毛のカバーと髪の発毛促進を同時にできることです。

 

そうすることで、経済的にもコストパフォマンスにすぐれており、効率よく抜け毛を防ぎ髪を発毛させることができます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ