10代 若ハゲ

10代の若ハゲは正しい育毛によって治すことができる

10代の若ハゲは正しい方法によってのみ治すことができる。

10代の若ハゲの原因は人それぞれと言われていますが、男性型脱毛症(AGA)の研究がすすむにつれ、10代で発症する若ハゲのほとんどがAGAによる影響である可能性が高いことが最近わかってきています。
AGAの治療で使用する医薬品を使った事例から、8割以上の若ハゲの人に薄毛の改善、髪の発毛が確認されています。

 

AGAの治療法とは

若ハゲに効くAGA

AGAに治療は、主に医薬品を使用した治療になります。
使用する医薬品は「プロペシア」と「ミノキシジル」です。

 

この2つの医薬品が若ハゲの治療に使用されます。薄毛の改善にたいする効き目は大きく、8割以上人が若ハゲに改善が見られたという報告があります。

 

10代ではプロペシアとミノキシジルは使用できないという現実

若ハゲの治療にプロペシアとミノキシジルはかなり有効ですが、治療の途中で副作用が発症することがわかってきました。
プロペシアの場合は、精力減衰、勃起障害(ED)など主に精子を生成する睾丸に影響を与えることが多いようです。
また、ミノキシジルはもともとは血圧を下げる薬のため、低血圧や貧血、心臓の動悸が多い副作用です。

 

このことから、10代でのプロペシアやミノキシジルの使用はリスクがあるとして、10代での使用が禁止になりました。

 

では、10代で若ハゲになった場合、改善する方法がないのかというと、そうではありません。

 

今では、医薬品であるプロペシアやミノキシジルと同等の効果がある、副作用のない育毛剤やサプリメントが販売されるようになりました。
これらを使用すれば10代でも若ハゲを改善することが可能になります。

 

>>10代の若ハゲを副作用なく、低予算で治療する方法についてはコチラ


ホーム