つむじ ハゲ 正常 比較

正常な状態のつむじと薄毛の進行が始まっているつむじを比較

まずは正常なつむじを見てみましょう。

 

正常なつむじ

 

正常なつむじの特徴は

 

 

  • つむじ周辺の髪の毛が太くしっかりしている
  • 上記写真ぐらいの皮膚の見える面積なら問題はない
  • つむじの部分の頭皮の色が青白い、もしくは白色

 

つむじ周辺の髪の毛が太くしっかりしている

 

正常なつむじ周辺に生えている髪が、他の部分と比べ髪の太さ、髪質が同じなら問題はありません。
ぱっと見で分からない場合は、つむじと襟足の中間にある髪とつむじ周辺の髪を触って感触を確かめてみましょう。

 

つむじと襟足の中間にある髪は、どんなに髪の薄い人でも薄くならず髪が健康な状態で残っている可能性がかなり高い部分です。
この、つむじと襟足の真ん中辺りにある髪と比べてつむじ周辺の髪を触った感覚が違う場合は、つむじ周辺の髪が衰えている可能性があります。

 

上記写真ぐらいの皮膚の見える面積なら問題はない

 

最初に紹介した写真に写っている頭皮の見える面積ぐらいなら、ハゲ、薄毛ではありません。
通常どんな人でもなりうる状態です。もちろん、人によって髪の本数や太さが違うので、一概には言えませんが正常なつむじは写真のような状態の人が多いです。

 

つむじの部分の頭皮の色が青白い、もしくは白色

 

これは一番わかりやすいかもしれません。

 

つむじ周辺のはげ、薄毛が進行している人の場合、十中八九、頭皮の色が白色ではありません。
正常な頭皮の色はほぼ白色に近い色をしています。

 

 

これが、日焼けした色だったり、赤い色をしているようなら、それは薄毛の進行が始まっている可能性が大きいです。

 

薄毛、ハゲが進行しているつむじ

 

A
異常なつむじ

 

B
異常なつむじ2

 

Aの場合、つむじの頭皮の見える部分が、数字の「6」のようになっています。
つむじ部分が広がりを見せており、ここから徐々に薄毛が進行していきます。
あわせて、頭皮の色も白色よりも、やや肌色っぽくなっているのもその証拠と言えるでしょう。

 

Bの場合、頭皮の色に赤みがあり、つむじ周辺の髪質も細く、柔らかくなっております。
このタイプの場合、つむじ周辺を起点に後頭部が丸く、くりぬいたような薄毛になる傾向があります。

 

つむじの薄毛は男性型脱毛症(AGA)の影響が強い

 

つむじから髪が薄くなる場合、男性型脱毛症(AGA)の影響が強くでます。
AGAの影響が強くでる人の傾向として、つむじ周辺から薄くなるパターンか額から広がっていくパターンの2つに大きく分類されます。

 

ですが、AGAからくる薄毛の場合、AGAの原因を潰せば比較的簡単に薄毛を改善することが可能なのが特徴です。

 

 

つむじハゲを治す対策


ホーム RSS購読 サイトマップ