プロペシア 10代

10代だから効果がでやすいプロペシアなのだが・・・

プロペシアの写真

「プロペシア」はAGAの症状を抑える代表的な医薬品で、AGAの原因である「ジヒドロテストステロン」の生成を抑える効果があります。
(厳密に言うと、「ジヒドロテストステロン」の生成の元となる「5αリダクターゼ」と「テストステロン」の結合を防ぐ効果)

 

 

「ジヒドロテストステロン」は髪の脱毛を引き起こすほか、前立腺肥大という病気や、体毛の増加、ニキビの原因にもなると言われています。
したがって、10代の思春期にニキビがよくできる人は「ジヒドロテストステロン」の量が平均より多く、髪が脱毛しやすい環境とも言えます。

 

 

加えて、親や祖父母、もしくは親族に髪の薄い人がいれば遺伝的な要素も加わり、さらに髪が薄くなりやすくなります。
よく、薄毛になるかは遺伝によってきまると言われていますが、最新の研究では、遺伝=「ジヒドロテストステロン」が生成されやすい体質とも定義されることがあるようです。

 

 

普段ストレスの多い生活や偏った食生活もAGAに影響を与えているとも報告されています。

 

この「ジヒドロテストステロン」のもとになる、「テストステロン」は10代の思春期になると、いきなり増加し始めるため、中学生あたりから髪の量が減ってくる人も少なくありません。「ジヒドロテストステロン」は男性ホルモンの一種であるため、体を骨格や筋肉を作る作用も持ち合わせているため、本来は体にとっては害のあるものではありません。

 

 

ただ、髪が抜けることで精神的なダメージを受けます。そこまで体は現代社会に合わせて作られていないのは、なんとも悲しい現実です。

 

そんなAGAの症状に効果を発揮する「プロペシア」は、実は10代で使う方がより効果がでやすいという事実はあまり知られていません。
これは「プロペシア」に限らず、薬全般に言えることです。

 

つまり、10代でAGAの症状と思われることに気が付が着いた時、すぐに「プロペシア」を服用すれば、高い確率でAGAの症状を防げるということになります。

 

しかし、「プロペシア」は10代(未成年)での服用が禁止されている医薬品のため、10代の人には処方されません。

 

副作用があるため、10代には処方されない「プロペシア」

プロペシアの画像

 

「プロペシア」はなぜ10代の人に処方されないかというと、「プロペシア」はAGAに対する高い効果とは裏腹に、副作用がでる場合があるからです。
「プロペシア」の副作用にはいくつかありますが、代表的なのが「精子の減少」やED(勃起不全)です。

 

10代は成長期であり、体の骨格や筋肉も含め、陰茎などの生殖機能も発達中の段階です。
その成長段階である途中に、精子に影響がでる「プロペシア」を服用することはリスクがあるためです。

 

その副作用を避けるために、最近では「プロペシア」と同じ作用があるAGAに対応した育毛剤が発売されており、10代のAGAにも対応ができるようになってきました。
また、「プロペシア」は保険が効かないため、一ヶ月分の処方が1万円を超えるなど、けっして経済的負担が軽いものではないため、まずますこういったAGAに対応した育毛剤が利用されるようになりました。

 

 

 

 

 

育毛初心者はまずコチラ!悩み別育毛おすすめコーナー

 

つむじハゲを治す5ステップ M字ハゲを治す5ステップ
10代のつむじハゲ、10代のAGAを治す育毛法 10代のM字ハゲ、10代の生え際の薄毛を治す育毛法

 

2017年育毛剤人気ランキング

 

 

チャップアップのつむじハゲとM字ハゲの効果


ホーム RSS購読 サイトマップ