プロペシア 髪 維持

プロペシアによる髪の維持効果について

AGA対策の元祖。プロペシアの効果と副作用。

プロペシアの画像

 

男性の薄毛の原因の80%以上を占めるAGA(男性型脱毛症)を抑える医薬品として有名なプロペシア。

 

 

プロペシア飲むことでAGAの脱毛の原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑える効果があります。
その効果は強く、脱毛を抑える効果に加え、効果が効きやすい体質の人はプロペシアだけで髪が発毛する人もいます。

 

 

プロペシアは医薬品のため、一般的なドラッグストアで販売されておらず、主にAGA治療に対応している皮膚科や専門のAGAクリニックで処方されます。

 

価格は病院によって微妙にバラバラですが、だいたい1ヶ月分7,000円〜8,000円程度です。
※プロペシアは保険が効かない薬のため、お薬代は患者さんの全額負担です。

 

 

プロペシアの効果

高い効果の裏に潜む体へのリスク。

AGAの対策に高い効果を発揮するプロペシアですが、副作用もあります。

 

 

プロペシアの服用を考えている場合は、副作用のリスクがあることを忘れないようにしましょう。
主な副作用は下記の通り。

 

  • 精力減衰
  • 勃起障害(ED)
  • 射精不全
  • 体の発育不全
  • 障害児、奇形児の妊娠
  • 肝機能障害

 

プロペシアは男性ホルモン強制的にコントロールする薬のため、やはり生殖機能まわりの副作用が目立ちます。

 

 

精力減衰については、飲んだその日から症状が出る人や、しばらくしてから症状がでる人はまちまちです。
精力減衰に気づかず、飲み続けることで勃起障害、または射精不全(オナニー、セックスでイケなくなる)になる人も少なからず前例があります。

 

 

またプロペシアを服用中は子作りはしないほうがいいと勧めるお医者さんが多いです。

 

 

一般的にプロペシアは子作りに影響がないとされていますが、実際のところよくわかっていない事も多く、病院でプロペシアを服用する際の注意点の説明を受けるときは、子作り中のプロペシアの服用はやめるように注意を促すお医者さんがほとんどです。

 

 

そして、プロペシアは未成年には処方を禁止されている薬です。
プロペシアには男性の体を作る男性ホルモンに影響を与えるため、体の成長途中である未成年には影響が大きいためと言われています。

 

 

なお、プロペシアほどの効果はありませんが、プロペシアと同じAGAの原因であるジヒドロテストステロンの発生を抑えるものがサプリメントにあります。

 

 

ノコギリヤシサプリというサプリで、一般的に頻尿の改善に使われるサプリですが、プロペシアと同じ作用があるため、育毛に詳しい人はプロペシアの代わりに服用する人もいます。
ノコギリヤシサプリについては下記ページが参考になります。

 

育毛初心者はまずコチラ!悩み別育毛おすすめコーナー

 

つむじハゲを治したい方はこちら M字ハゲを治したい方はこちら
10代男性の高校生に多い若ハゲ | つむじハゲの治し方 10代のM字ハゲ、10代の生え際の薄毛を治す育毛法
10代の未成年で薄毛を治したい人はこちら
若ハゲの10代未成年のAGA治療

2017年育毛剤人気ランキング

 

チャップアップのつむじハゲとM字ハゲの効果


ホーム