高校生 プロペシア

プロペシアの効果とリスクについて。

ED

 

10代の高校生(もっと早い人は中学生)からすでに、薄毛に悩んでいる人がいる中でプロペシアの使用を考えた人は少なくないのではないでしょうか。

 

プロペシア、万有製薬から発売されたAGAの治療薬として有名です。
効果も大きく、プロペシアの摂取のみで薄毛を改善された患者さんもいるとのことです。

 

ただ、プロペシアは未成年に販売されていないことからも、とてもリスクのある薬だということを知っておいてください。

 

プロペシアで発症する主な副作用は、精力減衰、勃起障害(ED)が一番顕著に現れます。
精力減衰や勃起障害の初期症状として、睾丸(いわゆるキンタマ)に痛みが走るという症状があります。

 

睾丸に痛みが走るととも、精力減衰が始まるケースが多いと言われています。なおかつ、男性によって精力とは、ただ子孫を残すためのものではなく、男性自身の体の活力源となっています。
オナニーやセックスの後の脱力感を思い出してみればわかるとおり、体内から精液が抜けてしまうと体全体がだるくなり、頭の働きや体の動きが鈍くなります。

 

それと同じように、プロペシアの副作用によって精力減衰することで、頭の働きや普段活動する上での行動力も落ちてくると言われています。

 

そして、精力減衰しながらもプロペシアを摂取した場合、最悪、勃起障害(ED)になる人も確認されております。プロペシア摂取により勃起障害で特徴的なのが、勃起障害が発症した後、なかなか治りにくい、もしくは治らないということです。

 

プロペシアを摂取して勃起障害が起こるなら、プロペシアの摂取をやめたら治るというものではないのです。すでに、プロペシアの摂取によるダメージによって生殖機能が不全になるケースも多々あるのです。

プロペシアを使わず、副作用なしで同じ効果を得られる方法って?

プロペシアと同じ効果がえられ、なおかつ副作用もない方法として有名なおが、AGA治療に対応している育毛剤やノコギリヤシのサプリメントです。

 

特にチャップアップなどのような育毛剤は、プロペシアと同じ効果もあり、なおかつAGAの改善(発毛)に必須のミノキシジルの同効果のあるM-034という発毛剤が入っています。そのため、育毛剤一本でAGAが原因の抜け毛の抑制と、抜けてしまった髪の発毛に効果的です。

 

ノコギリヤシはプロペシアほど、強力な効果はないものの、AGAによる抜け毛の改善を緩やかなペースで行うことができると言われています。そのため、AGA対応の育毛剤で発毛させた髪の維持にとても効果的です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ