高校生 若ハゲ

もしかして「まだ若いから生活習慣を治せば若ハゲは治る!」って思っていませんか?

疑問
若ハゲの治療においてよくある勘違いのトップが

 

 

「まだ若いから生活習慣を改善すれば治るでしょ!」

 

と、年齢が若いことを理由に、都合のいい理由をつけて髪が薄くなっていることに目を背けることです。

 

 

若ハゲの対策としてよくあるのが、、

 

  • ジャンクフードを食べるのを辞めよう
  • ちゃんと寝よう
  • ストレスを溜めないようにしよう
  • とりあえずマッサージはしておこう

 

などなど、ありがちな理由ですね。
もちろん、上記のような生活習慣を気をつけることは髪に関係なく大切なことですが、結果「抜け毛が減った!」「髪の量が増えた!」「光のしたにいても髪がスカスカじゃなくなった!」と回答する人は見たこと無いのではないでしょうか。

 

じゃあ、一体どうすればいいのかって話になりますが、育毛をする上で1つの基準を設けることが必要です。

 

基準っていうのは、これをすれば若ハゲが治る確率が高いって方法です。

 

では、その基準ってどこからもってくるのかという話になりますが、一番信ぴょう性が高いのがAGA専門のクリニックですね。
今、若ハゲの改善率が一番高いのがAGAクリニックでの治療です。

 

 

 

一般人だけではなく、タレントやお笑い芸人で薄毛を回復させた人も、ほとんどがAGA専門のクリニックで薄毛を回復させています。

 

AGA専門のクリニックの治療法を基準にして、育毛を考えることで、何を対策していいか自然にわかってきます。
では、AGA専門のクリニックでどんな治療方法が行われているかというと、、、

 

  • 内服薬(プロペシア)
  • 外用薬(いわゆる育毛剤)
  • 育毛サプリメント

 

この3つが基本です。
これは、どこのAGA専門クリニックにいっても同じことをします。
(薄毛がひどい、ほとんど毛がない状態だと、頭皮に直接育毛成分を注射するメソセラピーとよばれる治療法もあります)

 

それに加え、もちろん生活習慣の指導やクリニック独自のシャンプーの推奨などがありますが、これはあくまで付加価値的な要素です。

 

例えばよくGACKTがCMをしているAGAスキンクリニックの場合、下記ホームページのような治療法になります。

 

AGAスキンクリニックの治療について

 

薄毛の症状がひどい人用に行われる、メソセラピー、AGA幹細胞再生治療のような1回の治療で5万以上の費用がかかるのを除けば、基本は内服薬、外用薬、サプリメントです。

高校生のような未成年はAGAクリニックの内服薬、外用薬は使用できない。さぁ、どうする!?

若ハゲの高校生

 

AGAクリニックでの治療の内容は、わかったので、この治療法を基準に若ハゲを治すことを考えます。

 

もちろん、AGAクリニックに行くのが一番ベストではありますが、高校生のような未成年は内服薬や外用薬は未成年への処方が禁止されているため、処方してもらえません。

 

 

では、どうするかというと、AGAクリニックで使われている内服薬や外用薬と同じような効果のもので、なおかつ未成年の高校生でも使えるものを選べばいい、ということになります。

 

では、AGAクリニックで処方されているものを未成年でも使用できるものに置き換えると、、、

 

 

  • ミノキシジル→M-034
  • プロペシア→ノコギリヤシ
  • 育毛サプリメント→育毛サプリメント

 

ということになります。
この中で特に大事なのが、M-034とノコギリヤシです。育毛サプリメントはあくまで、補助的なものと考えてください。
AGAクリニックでも、薄毛治療において、内服薬と外用薬の効果が90%以上を占めており、残りが育毛サプリの使用や生活習慣の改善で補われています。

 

先に紹介した未成年でも使用できるものを具体的な商品でいうと、

 

  • M-034配合の育毛剤ならチャップアップ。
  • ノコギリヤシや市販のノコギリヤシサプリ。
  • 育毛サプリメントは、育毛剤にセットでついてくる育毛サプリメント。

 

になります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ