皮膚科とAGAクリニックの治療の違い

皮膚科とAGAクリニックの治療の違いとは?

皮膚科とAGAクリニックでの治療内容の違いとは?

医師

 

AGAを病院で治療する際、皮膚科で治療を受けるのと、AGA治療専門のAGAクリニックで治療を受けるので、2つの選択肢があります。

 

 

この2つの治療の違いについて説明します。

基本的な治療は同じだが、AGAクリニックのほうがより細かい検査と専門的な治療ができる

 

 

皮膚科でもAGAクリニックでも、AGAに使う薬は基本的に同じで、価格も大差はありません。

 

 

 

皮膚科もAGAクリニックも、AGAを抑えるプロペシア、発毛を促すミノキシジルを使います。

 

 

ただ、AGAクリニックになるとより細かい検査と、専門的な治療が受けられます。

 

 

皮膚科とAGAクリニックの治療の違い

治療内容 皮膚科 AGAクリニック
プロペシア
ミノキシジル
育毛サプリ X
育毛メソセラピー X
遺伝子検査 X
血液検査 X

 

AGAクリニックだから受けられる主な治療法。

ここで、皮膚科の治療にはないAGAクリニックにで受けられる主な治療法を紹介します。

 

 

栄養補給の育毛サプリメント

育毛サプリ

 

いわゆる髪にいいと言われるサプリメントを処方してくれます。

 

ただ、あくまで育毛サプリはプロペシアやミノキシジルの補助的な効果という立ち位置です。

 

 

普段の食事の栄養バランスがよくなく、それが髪に影響していると医師が判断したら処方されます。

 

頭皮に直接育毛成分を注入する育毛メソセラピー

育毛メソセラピー

 

主に、頭がつるつるで薄毛の末期の患者に使用される方法です。

 

 

頭皮に直接、プロペシアやミノキシジルの成分を注射で注入するだいたんな育毛です。

 

 

効果が大きいいため、完全に薄毛の進行した薄毛の末期の人でも発毛を期待できます。

 

ただ、費用がかなり高く1回の注射で2万円ほどです。
たいていどのクリニックも複数回の注射をすすめるため、薄毛が改善するためには数十万の費用が発生します。

 

 

遺伝子検査

 

髪を何本か抜き、遺伝的に将来薄毛にになりやすいか検査をしてくれるサービスです。

 

必須の治療項目ではなうく希望する患者さんのみうけることができます。
だいたい費用は20,000円ほど。

 

 

 

血液検査

 

AGAクリニックでは、どのクリニックでも最初に採血をうけ、これから処方するプロペシアやミノキシジルの副作用に耐えられるか、処方して問題ない体かを検査します。

まとめ

基本的に皮膚科でもAGAクリニックでも、ベースとなる治療は同じです。

 

 

ですが、もう取り返しのつかないほど薄毛が進行している人は、育毛メソセラピーのような治療をうけないと改善できない場合があります。
そのため、薄毛がかなり進行している人はAGAクリニックに行くほうが回復の確率があがります。

 

また、病院への通いやすさも重要です。

 

AGAクリニックは、東京、大阪、福岡などの都会に多くあり、地方にはなかなかないのが現状です。

 

 

育毛は継続することが重要ですので、通いやすいのであれば皮膚科から試してみるのもありでしょう。

育毛初心者はまずコチラ!悩み別育毛おすすめコーナー

 

つむじハゲを治したい方はこちら M字ハゲを治したい方はこちら
10代男性の高校生に多い若ハゲ | つむじハゲの治し方 10代のM字ハゲ、10代の生え際の薄毛を治す育毛法
10代の未成年で薄毛を治したい人はこちら
若ハゲの10代未成年のAGA治療

2017年育毛剤人気ランキング

 

チャップアップのつむじハゲとM字ハゲの効果


ホーム