つむじハゲが大きくなる習慣

あなたは大丈夫?つむじハゲが大きくなる習慣

つむじハゲになって改善するための治療も大事ですが、普段の生活からつむじハゲを大きくしないための生活習慣の見直しも大事です。
このページでは、つむじハゲを大きくしてしまう下記3つについて説明していきます。

 

  1. ストレス
  2. 筋トレ
  3. オナニーの禁止

 

ストレスは髪の成長にブレーキをかけてします

ストレスの仕組み

 

ストレスが体に悪いなんてことは誰でもしっているかと思います。もちろん髪にも悪いです。
では、具体的にどう悪いのでしょうか?

 

ストレスが発生すると頭皮の血流が悪いくなります。
血流が悪くなると、普段食べた食事で得られた栄養が毛根に運ばれなくなり、髪が成長しなくなったり、毛根が細くなり、髪全体の本数が変わらなくても髪が薄くなったように見えます。髪全体がスカスカに薄くなる人は、頭皮の血流があまりよくない人が多いです。

 

また、頭皮の血流の流れが悪い状態が続くと、頭皮の色が赤色に変色してしますこともあります。

 

 

普段の生活からストレスをまったく感じない生活を営むのは不可能に近いですが、特にイライラすることについては避けたいものです。
とある実験によると、普段の生活の中でイライラ度がもっとも高い部類は、家族や恋人、学校や職場の人との人間関係がきっかけにあるイライラが一番体にと髪に悪いと言われています。

 

 

筋トレはAGAのもと?血流も一時的に悪くなる

筋トレ

 

意外かもしれませんが、最近では筋トレが髪によくない影響を与えていることもがわかってきました。

 

筋トレをすると、男性ホルモンであるテストステロンの量が増え、AGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロンが発生しやすくなると言われています。
また、筋トレはいわゆる無酸素運動とよばれ、文字通り酸素の吸収を止めている状態にあります。
重いものを持ち上げている時など、顔が真っ赤になりますよね?あれは顔全体の血流が鈍っており、うっ血している状態をさします。
息を長い間止めていると顔が赤くなるのも同じ理由ですね。

 

筋トレによる血流の鈍りは一時的なものなので、髪にそこまで影響を与えませんが、テストステロンは一度増えると長い期間体内に居続けます。
そのため、定期的に筋トレをし続けている人は、そうでない人に比べ髪が薄くなりやすい状態といえます。

 

オナニーを長い間禁止する

オナニー

 

よくネットでは、薄毛を心配してオナニーを禁止すると言われていますが、逆効果です。
オナニーを禁止すると、体内のテストステロン濃度が高くなることがわかっており、理論上では髪が薄くなるリスクがむしろ増えます。
これは、海外のAGAを研究するチームが調査を行い実際に判明したものです。

 

オナニーをするとテストステロン(男性ホルモン)が増えるからハゲるというのは、まったくの都市伝説ですね。

 

また、オナニーを禁止することは体内にある精子自体の質を下げる原因にもなります。
ただ、オナニーをすると体内からタンパク質や亜鉛などの髪をつくる栄養素が排出されてしまうので、一日何回もやることもよくないと言われています。

 

 

 

2017年最新版!人気育毛剤ランキング

人気おすすめ育毛剤ランキング

 

2017年ランキング1位のチャップアップの効果と成功者の使い方

つむじハゲ、M字ハゲを治す育毛剤


ホーム RSS購読 サイトマップ