【自宅でAGA治療】若ハゲ大学生におすすめの育毛剤

【自宅でAGA治療】若ハゲ大学生におすすめの育毛剤とハゲる育毛剤

AGAの若ハゲ大学生のかたへ、低予算、効果代のおすすめの育毛剤の選び方を紹介!

AGAの薄毛に効果のある育毛剤、薄毛が治せる育毛剤
生える育毛剤

 

 

 

AGAの薄毛に効果のない育毛剤、ハゲる育毛剤(市販の育毛トニック)
生えない育毛剤


 

 

いきなりですが、上記画像のAGAの薄毛に効果のある育毛剤と効果のない育毛剤の違いはわかりますか?

 

 

AGAの薄毛は、初期状態なら今や育毛剤で治せる時代になりましたが、選び方、使い方を間違うと治る薄毛も治らなくなります。

 

 

下記画像程度の薄毛の初期段階なら、今は育毛剤で治すことは可能です。

 

 

初期状態のつむじハゲ

 

初期状態の生え際のM字ハゲ

 

市販の育毛トニックは、ハゲてない人が予防のために使う育毛剤

生えない育毛剤

 

上記画像の3つは、よくドラッグストアの育毛剤コーナーでよくみかける、育毛剤ですが、基本的にこのタイプの育毛剤では髪は生えません。

 

 

このタイプの育毛剤はあくまで、まだ薄毛が進行していない人が、将来ハゲるのを予防するためにつかうものです。

 

 

つむじ周りが薄くなったり、生え際が後退したりするAGAタイプの薄毛は、この育毛トニック系の育毛剤では改善できません。

 

価格が安いのは魅力的ですが、あくまで薄毛の予防のための育毛剤です。

 

 

なぜ、育毛剤なのか?皮膚科やAGAクリニックのほうがいいのでは?

 

疑問をもつ大学生のハゲ

 

大学生の場合、未成年の18歳、19歳の大学生と20歳以上の成人の大学生がいると思います。

 

 

そもそも未成年は皮膚科やAGAクリニックで処方されるプロペシアなどのフィナステリド成分入りの薬や、発毛成分のミノキシジルは法律によって処方することができないので、そもそも選択肢にはいりません。
では、20歳以上の成人の大学生なら、皮膚科やAGAクリニックで治療するという選択肢も入りますね。

 

 

ただ、皮膚科やAGAクリニックで治療すると、あとあと金銭的にかなり損をすることもあります。

 

 

その理由を次に説明します。

 

 

育毛剤で薄毛が治る人もいれば、AGAクリニックでも治らない人がいる現状

 

一度肝に命じてほしいのが、「AGAクリニックにいっても必ず治るとは限らない」ということです。

 

 

今は、薬の進化や医学の進歩により10年前に比べると、薄毛を改善する確率が増えましたが、それでもAGAクリニックにいって「薄毛が治らなかった」という人は少なくないです。

 

 

かと思いきや、今はAGAにも効果のある育毛剤が発売されているので、育毛剤だけでAGAを治した人もいます。

 

 

チャップアップで治ったつむじハゲ

 

チャップアップでM字ハゲが治った

 

 

上記画像のように、比較的薄毛の進行が初期状態であれば、育毛剤で治すことができます。

 

 

ちなみに、この人の場合、育毛剤1本で3ヶ月使用して効果があったので、結果的に1万円以下の予算で回復しています。
その後は、プロペシアと同じ効果のあるノコギリヤシを使って毎月890円の維持費用で髪を維持しています。

 

 

  • 薄毛を治した期間:約3ヶ月
  • 使用した育毛アイテム:育毛剤1本
  • かかったお金:約9,000円

 

 

もし、これがAGAクリニックで治療した場合、仮に同じ3ヶ月で上記画像のように回復した場合、約10万円ほどかかります。

 

 

これは、都内のAGAクリニックのメンズヘルスクリニックでの例ですが、初期検査で1万円、毎月の治療費が約3万円で合計10万円です。
※治療内容によって、価格は上下します

 

 

  • 薄毛を治した期間:約3ヶ月
  • 使用した育毛アイテム:プロペシアなどの内服薬、ミノキシジルの外用薬、育毛サプリなど
  • かかったお金:約100,000円

 

 

かかったお金を比較すると約10倍の差があります。

 

 

本当は育毛剤で治るはずだった薄毛なのに、最初から本格治療を求めてAGAクリニックで治療したばっかりに、無駄にお金払ったことになってしまうのです。

 

 

そのため、まずはAGAに効果のある育毛剤を使って、それでもし薄毛の改善がなければ、はじめてそこでAGAクリニックでの治療を検討したほうが費用対効果がよいです。

 

 

つむじハゲやM字ハゲを治すために大学生が育毛剤を選ぶ3つのポイント!

せっかくお金を払って育毛剤を買うのだから、失敗はしたくないですね。

 

バイトで貯めたお金も、できたら髪のことになんかに使いたくないのが本音だと思います。

 

 

そのためにも、失敗しないで可能なら1度目で一番自分に合う育毛剤を選ぶのがベストですね。
ここでは、育毛剤の選びたで抑えたいポイントを3つ紹介します。

 

 

 

  1. 自分の薄毛のタイプにあった育毛剤を選ぶこと
  2. 発毛成分が入っている育毛剤を選ぶこと
  3. 経済的にも、体質的にも使い続けることができる育毛剤を選ぶこと

 

 

自分の薄毛のタイプにあった育毛剤を選ぶこと

 

自分に薄毛のタイプにあった育毛剤を選ばないと、せっかく育毛剤を買っても期待した効果はあません。

 

男性の場合、大抵が生え際の後退か、つむじ周りが薄くなるつむじハゲor後頭部のハゲだと思います。
このタイプはAGAが原因の薄毛なので、AGAを抑制する成分が入っている育毛剤を選ぶことが必須です。

 

 

また、メーカーによりAGA抑制成分の配合数がだいぶ違います。

 

 

基本的に、AGA抑制成分は多いほうがよりAGA抑制力が強くなりますので、AGA抑制成分の数を確認しましょう。

 

 

AGAタイプの薄毛
初期状態のつむじハゲ

 

初期状態の生え際のM字ハゲ

 

ただ、気をつけてほしいのがAGAタイプではない場合の薄毛です。

 

 

頭がフケだらけに、頭皮が極端に乾燥する粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)や、頭皮がアトピーみたに真っ赤になる脂漏性皮膚炎による脱毛症の場合、育毛剤だけでは治すことができないことが多いのです。

 

 

その場合は、育毛剤を買う前に皮膚科で相談してみましょう。

 

発毛成分が入っている育毛剤を選ぶこと

発毛成分入りの育毛剤

 

 

仮にAGAタイプの薄毛だからといって、AGA抑制成分だけがあればいいわけではありません。

 

 

AGAクリニックで、AGAの抑制薬であるプロペシアと発毛成分であるミノキシジルが同時に利用されます。
AGA抑制成分だけでは、AGAの進行は抑えられても、なくなった髪をもとに戻すことはできないからです。

 

育毛剤は、
AGA抑制成分+発毛成分が含まれた育毛剤を選びましょう。

 

 

AGA抑制成分だけではなく、発毛成分も同時に含まれていると、薄毛の回復効果が飛躍的に大きくなります。

 

 

ただ、発毛に特化した育毛剤は、逆にAGA抑制成分が含まれていない、もしくは少ない場合があります。
その場合は、プロペシアのような薬との併用しないと期待したほど効果がない場合がありますので注意が必要です。

 

 

経済的に使い続けることができる育毛剤を選ぶこと

お金

 

 

育毛剤は、薄毛の初期状態の場合だと目に見える効果には最低3ヶ月の継続が必要です。
そのため、毎月継続できる価格の育毛剤を選ぶか、もしくは容量が多いタイプの育毛剤を選びましょう。

 

 

AGAに効果のある育毛剤は、昔は1万〜2万と高いものが多かったですが、今では1万以内の価格の育毛剤が多く、なおかつ容量も多いタイプが人気です。

 

「生え際だけ薄い」「つむじだけ薄い」という部分的な薄毛は、1本の育毛剤で2ヶ月や3ヶ月もつことが多いです。

 

 

よくある大学生が気になる育毛剤の疑問

よくある疑問をまとめました。
気になる項目をタッチしてみてください。

(+)若いときから育毛剤を使っていいのか

特に問題ありません。
ただ、プロペシアやミノキシジルのような育毛剤は、未成年への安全性は確認されていない成分が配合されているので使わないようにしましょう。
※そもそも未成年は購入できません

(+)育毛剤を使うと逆にハゲる場合ってあるのか?

ありません。

 

ただ、アトピーや皮膚炎を持っているかたは、過敏に育毛成分が反応して使い続けるのが困難になる場合があります。
その場合は、毛根が炎症を起こしてハゲの原因になる場合もあります。

 

今の育毛剤は、全額返金保証付きが多いので、万が一合わない場合は、返金すれば経済的リスクはほぼなしです。

(+)育毛剤って効くの?プロペシアとかミノキシジルのほうがいいのでは?

AGAに対応している育毛剤は、プロペシアやミノキシジルを一緒に使った時に比べると効果は緩やかです。
これは、育毛成分の違いや、内服タイプか外用タイプかなどの違いが影響してきます。

 

ただ、AGAに効果のある育毛剤は、初期段階の薄毛のかたには効果が期待できます。
特に10代や20代は、比較的、育毛剤の効果がでやすいので、30代,40代,50代の中年の人が使用するよりは、効果がでる可能性が比較的高いです。

 

逆に、プロペシアやミノキシジルを使用を優先されるのは、薄毛になってからかなりの年月(5年〜10年)がたっている人です。

まとめ

大学生が育毛剤を選ぶポイントを説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
まとめると

 

 

  • 育毛トニックタイプの育毛剤はあくまで予防のために使うもの
  • 今はAGAクリニックにいかなくても初期段階の薄毛であれば育毛剤で治すことができる
  • 育毛剤は自分の薄毛のタイプに合い、かつ継続できる金額のものを選ぶ

 

 

また、有名な育毛剤の成分やコスパなど比較して比べたいかたは、下記記事が参考になります。

 

【2017年最新!】人気育毛剤の成分効果完全比較!

 

なお、薄毛のタイプによって、対策法も少し違ってきます。
自分の薄毛に最適な改善法をしりたいかたは、下記バナーから自分の薄毛タイプを選び、記事を読むと参考になります。

つむじハゲを治したい方はこちら M字ハゲを治したい方はこちら
10代男性の高校生に多い若ハゲ | つむじハゲの治し方 10代のM字ハゲ、10代の生え際の薄毛を治す育毛法

 

 

大学生は大学生でも、20歳未満の未成年の大学生は、まず下記【未成年のAGA治療法と「治らない」3つのよくある対策】をお読みください。

 

10代の未成年で薄毛を治したい人はこちら
若ハゲの10代未成年のAGA治療

2017年育毛剤人気ランキング

 

チャップアップのつむじハゲとM字ハゲの効果


ホーム