つむじ はげ

【10代でも起こるAGA】つむじハゲの原因から対策まで5つのステップで解決!

つむじハゲの治し方授業1

 

 

チャップアップでつむじハゲ治った

 

上記画像は、つむじハゲを育毛剤で治した実例です。

 

 

この上記画像のつむじハゲの具体的な対策(治し方や必要なもの、予算など)までを
5つのステップ(サイトの5ページ分)でわかるようにしています。

 

特にこんな人におすすめです。

 

 

 

  • 10代の未成年でつむじ周辺が薄くなってしまった人
  •  

  • できるだけお金をかけずに、つむじハゲを治したい人

 

 

 

紹介シている内容は、AGAクリニックの治療を限りなく低予算で行う方法で、最小限のお金で最大の効果を発揮する方法です。

 

 

予算は育毛剤1本と毎月850円で、回復期間は個人差がありますが3ヶ月ぐらいです。

 

ただし、つむじハゲの初期段階に限った育毛方法なので、つむじハゲがかなり進行している人はあまり効果が期待できませんので注意してください。
つむじハゲ初期段階と進行したつむじハゲの区別は、後ほど紹介します。

 

 

育毛初心者や、本気でつむじハゲを治したいと思っている人はぜひ読んでみてください

10代中学生〜高校生でも発症する!つむじハゲ、薄毛の原因はほとんどがAGA!

つむじ薄毛

薄毛にはいろいろな進行のパターンがありますが、10代の中学生〜高校生(特に男性)あたりから多くなるのが、つむじから薄くなる薄毛のパターンです。

 

 

つむじから髪が薄くなると、自分ではなかなか気が付きにくいので、家族や友人に指摘されて初めて気がつく人が多いです。

 

 

 

男性の場合、後頭部のつむじから薄くなる薄毛は、典型的なAGA(男性型脱毛症)の初期症状です。

 

 

AGAは後頭部のつむじ周辺から薄くなってくるパターンか、生え際が後退するパターンか、その両方が同時進行するパターンのどれかに当てはまります。
下記画像は「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれる、AGAの進行パターンを記した図ですが、つむじハゲは、一番上の頭頂部からくるパターンにあてはまります。

 

 

AGAのつむじハゲのパターン(ハミルトン・ノーウッド分類)

 

 

このように、つむじハゲの原因はAGAからくるものということがほとんどです。

 

 

AGAの特徴として、つむじ辺りから薄くなるタイプと額が広がっていくタイプがあるのですが、特に10代はつむじから薄くなるタイプが多くみられます。

 

 

AGAで髪が抜けるのは、体内で作られるジヒドロテストステロン(DHT)という非常に強い男性ホルモンによるです。

 

 

このジヒドロテストステロンは、体内にある5αリダクターゼという酵素とテストステロンが結びつくことで発生します。
テストステロンは中学生〜高校生あたりの成長期に特に増えてくるで、5αリダクターゼとテストステロンが結びつきやすい体質の人は、この時期につむじ周辺が薄くなってくる人が多くでてきます。

 

 

 

つむじハゲが発生する仕組み

 

 

では、実際にどのようなタイプの人がつむじハゲになりやすいのでしょうか。

 

 

【警告】つむじはげになりやすい人の傾向

ニキビができやすい人(頭皮)

 

つむじはげになりやすい人は、主に男性ホルモンが多く分泌されている人に多いと言われています。
例えば次の人が該当します。

 

 

  • 体の毛が濃い(ひげ、胸毛、すね毛、眉毛など)
  • おでこ、Tゾーン、鼻周辺のてかりがある
  • ニキビができやすい

 

 

体毛が濃いのは男性ホルモンである「テストステロン」の影響が強いため、他の人よりAGAの材料であるテストステロンを多く持っている可能性が高いです。

 

 

また、AGAの原因でもある「ジヒドロテストステロン」の分泌が多いと肌が脂っぽくなる傾向や、ニキビができやすい傾向にあります。

 

 

特に頭の髪の毛が生えている部分までニキビができている人は、ジヒドロテストステロンの影響が頭皮にまででてきる証拠ですので、なおさらAGAが進行しやすい傾向にあります。

 

 

つむじのはげを放置すると徐々に広がり、治りにくくなり、治療費が増える

つむじはげ

(初期段階から進行が始まったつむじはげ)

 

 

 

つむじはげを放置していると、徐々に頭皮の見える面積が広がっていきます。

 

 

最初は光にあたると頭皮が見えるぐらいの状態だったのが、光をあてなくてもも頭皮が見える状態になってきて、周りの家族、友人からも指摘を受けることが多くなってきます。
進行の速度は個人差がありますが、早い人は半年ほどで上記画像のように、つむじ周辺の髪がスカスカになります。

 

 

また、つむじハゲ対策も可能なかぎり早くしたほうがよいです。

 

 

対策で使う、薬や育毛剤の効果は薄毛が進行すればするほど、効きにくくなり、治りにくくなります。
そして、治りにくくなった状態だと治すのに余計にお金がかかります。

 

 

例えば、薄毛の初期段階で治すのに育毛剤だけで1万円もかからなかったのが、対策せずに放置してしまったがゆえに、進行がすすみAGAクリニックなどでの大掛かりな治療が必要になり、最終的に

 

 

何十万も払わなくてはならなくなった人は、20代、30代でたくさんいます。

 

 

そして、一番最悪なのが、放置しすぎて髪を生やす毛母細胞が死滅してしまい、もう髪を生やすことが不可能になってしまう状態です。
この状態だと、育毛剤を使ってもAGAクリニックにいっても治すことは不可能で、かつらか植毛しか選択肢がなくなります。

 

 

かつらや植毛だと、もう50万〜100万円以上の価格帯になりいっきに予算が跳ね上がります。

 

 

どんな薬でもそうですが、年齢が若いほうが薬の効果も効きやすいです。

 

 

そのため、つむじが薄くなったと気づいたら、可能な限り早く対策したほうが髪のためにも、金銭面的にもよい結果をもたらします。

育毛が成功した人ほどシャンプーにはお金をかけていないという事実

シャンプーしている高校生

 

育毛をはじめた初心者にありがちなのが、まずはシャンプーから対策しようという人。

 

 

とりあえずはシャンプーをドラッグストアで売っているような育毛シャンプーに変えてなんとかしようと思っている人が多くいる傾向がありますが、シャンプーを変えることで、つむじハゲの進行を止めることは不可能です。

 

シャンプーはどんな頭皮や髪にいい成分がはいっていても、あくまで髪や頭皮の汚れを落とすため、髪が成長しやすい頭皮環境を整えるためのものであって、シャンプーがつむじハゲを治すことはありません。

 

 

実際、AGA治療のクリニックでも治療にシャンプーを使うことはありません。

 

メンズヘルスクリニックの例

(都内の有名AGAクリニックであるメンズヘルスクリニックも治療内容にシャンプーはない)

参照:http://www.menshealth-tokyo.com/aga/cost/advanced/

 

 

 

 

繰り返しになりますが、つむじハゲの原因はほぼAGAです。
AGAは男性型脱毛症とうい病気です。

 

 

病気なので、シャンプーで治すことはできません。

 

 

病気は大抵薬を使って治しますよね。

 

 

だから、よくテレビCMでは「AGAは病院で相談だ」と言われています。
AGAは病気だからです。

 

 

ただ、10代の未成年は残念なことに、病院でAGAの薬は処方されません。

 

未成年にはAGA治療で使う薬の安全性が確認されておらず、法律で処方が禁止されているからです。

 

 

そこで、つむじハゲを治す方法として使用するのが、未成年でも使えるAGAに効果のある育毛剤です。

初期段階なら育毛剤で充分改善できます

 

つむじはげ

 

初期段階のつむじハゲ

 

(つむじハゲの初期段階)

 

 

この写真のように、つむじ周辺の地肌(頭皮)が見える部分がちょっと増えてきた、つむじ周りがスカスカになってきた程度なら育毛剤で治すことは可能です。

 

 

育毛剤って髪を生やすというと一昔前なら、ただの気休め程度効果でしたが、今ではAGAに効果のある育毛剤が開発されていますで、育毛剤でつむじハゲを回復させるのは充分期待のできる治療法です。

 

 

ただ、間違った育毛剤を使用するとまったく効果がないので、育毛剤の選び方に気を付けましょう。
間違った育毛剤を選ぶと、まったく効果がないばかりか、対策が遅れてしまった分、つむじはげが進行してしまいます。

 

 

選び方の注意点としては、

 

 

「AGA抑制成分が配合されている育毛剤を使用する」

 

 

ことが重要です。

 

 

AGAはプロペシアというフィナステリドという成分が入った薬で症状を抑えるものですが、このプロペシアと同じ効果が今では育毛剤でもできます。
プロペシアと比べ効果は緩やかですが、初期段階のつむじハゲならAGA対応の育毛剤の成分で対処可能です。

 

 

ちなみにAGA対応の育毛剤に配合されているAGA抑制成分で一番効果が大きいのがオウゴンエキスです。
AGAの原因であるジヒドロテストステロンの発生を77%抑えてくれます。
プロペシアで、85%前後と言われているので、かなり強いことがわかりますね。

 

 

オウゴンエキスの効果

 

今人気のあるAGA対応の育毛剤には、だいたい入っていますが、事前に配合されているかチェックしておきたいところです。

 

 

つむじハゲの原因は、ほとんどがAGAからくるものなので、まず今以上に薄毛が進行しないよう髪を守るためにAGA抑制成分が入った育毛剤が必要です。
そして、AGAから守った状態で発毛を促進させる血行促進成分を同時に利用することで、髪が生えます。

 

 

このAGA抑制成分というのは、ドラッグストアで買えるような市販の育毛剤には入っていません。

 

 

市販されている育毛剤は主に頭皮の血行を促す効果のみに特化されているため発毛を促進させる「攻め」の効果はありますが、今ある髪を「守る」効果はありません。
そのため、いつまでたってもつむじハゲが回復しません。

 

 

つむじハゲを治すには、この「攻め」と「守り」の両方が必要で、どちらか片方だけでは無意味です。

 

 

具体的な育毛剤の選び方はステップ5で説明します。

 

 

2017年最新版!人気育毛剤ランキング

人気おすすめ育毛剤ランキング

 

2017年ランキング1位のチャップアップの効果と成功者の使い方

つむじハゲ、M字ハゲを治す育毛剤


ホーム RSS購読 サイトマップ