10代のAGA治療、対策は育毛剤

なぜ、10代のAGA治療、対策は育毛剤に限るのか!?

なぜ、10代AGAの対策は育毛剤に限るのか!?

つむじハゲの治し方授業3

 

 

いきなり、結論からいいますと

 

 

10代の人、予算を抑えてつむじハゲを治したい場合は、現状、対策方法としては育毛剤一択です。

 

下記の画像は、AGAの影響による初期状態の「つむじハゲ」ですが、

 

この程度の進行なら育毛剤で治すことは可能です。

 

 

おさらいも兼ねて説明しますが、つむじハゲはステップ1で説明したとおり、AGAが原因です。

 

 

初期状態のつむじハゲ

 

 

主な理由は下記の3つです。

 

 

  • 皮膚科やAGAクリニックにいても薬をもらえないし、お金もかかる
  •  

  • シャンプーでつむじハゲは治らない(AGAクリニックはシャンプーを使う治療はしていない)
  •  

  • AGAは食生活の改善では治せない

 

 

 

皮膚科やAGAクリニックにいっても薬をもらえないし、お金もかかる

 

 

AGAクリニックでの治療

 

AGA治療は、皮膚科やAGAクリニックで治療してもらうイメージが強い人が多いと思われますが、それはもう10年以上前の話です。

 

今では、自宅で1人で治療する人がたくさんいます。

 

 

くわえて、10代はそもそもAGA治療の薬がもらえない現状があります。
AGA治療で使われる、プロペシアやミノキシジルという薬は、副作用があり、未成年への処方の安全性が確立されていないため、日本では10代への処方は禁止されています。

 

 

  • プロペシアの副作用:精力減退、ED(勃起不全)睾丸痛、射精不全、精子減少、不妊症、障害児、奇形児の妊娠、体の発育不全など
  • ミノキシジルの副作用:心臓疾患、心臓の動悸など

 

 

副作用はかならず、発生するわけではありせんが、臨床実験では1%〜5%の確率で発生すると言われています。

 

 

未成年も皮膚科やAGAにいって診察してもらう事は可能ですが、「20歳になったらまたきてくださいね」と言われ、帰らされるのがおちです。

 

 

そして、費用の負担は大きく、皮膚科で治療を受けると月々8,000円〜15,000円前後、AGAクリニックだと15,000円〜30,000円ほどかかります。
AGAの初期状態なので、早く治って3ヶ月ほどかかったとしても40,000円〜90,000円ほどかかる計算になります。

 

 

AGAクリニックのメンズヘルスクリニックの例だと、初診の審査検査で10,000円、2回目からの薬剤による治療が15,000円〜30,000円かかります。

 

AGAクリニックでの料金
参照:http://www.menshealth-tokyo.com/aga/cost/advanced/

 

 

 

3ヶ月でつむじハゲを治した場合の費用の比較

 

お金

 

3ヶ月でつむじハゲを直せた場合の育毛剤、皮膚科、AGAクリニックでかかる費用を比べると下記のようになります。

 

 

  育毛剤 皮膚科 AGAクリニック
つむじハゲ回復にかかった月日 3ヶ月 3ヶ月 3ヶ月
かかったお金 8,000円〜9,000円 30,000〜45,000円 80,000円〜10,000円

 

※育毛剤はチャップアップを使った場合の金額
※皮膚科は一般的な皮膚科料金
※AGAクリニックは、メンズヘルスクリニックの料金をもとに計算

 

 

 

 

3ヶ月でつむじハゲを治した場合、育毛剤を使う費用と、AGAクリニックで使う費用を比べると、最大10倍くらい差があるのがわかるとおもいます。

 

 

そして、もしもつむじハゲの回復がうまくいかなかった場合でも、育毛剤でうまくいかなかった場合とAGAクリニックでうまくいかなかった場合とを比べると、使ったお金の分やはりAGAクリニックの場合は金銭面にも精神的にもダメージが多きいですが、育毛剤は軽傷で済みます。

 

 

あと、育毛剤で治る人は、AGAクリニックや皮膚科でも治る傾向があり、逆に育毛剤にあまり効果がでなかった人は、AGAクリニックや皮膚科にいっても効果がない傾向にあります。

 

 

そのため、AGAクリニックや皮膚科に行って本当に治るのかどうか心配な人は、事前に育毛剤で試して回復の見込みがあるかを判断するのもよいです。

 

 

育毛剤でAGAを治療するメリットをまとめると、

 

 

  • 副作用がないので未成年でも使える
  •  

  • 自宅で1人で治療できるためAGAの相談を人に相談しなくてもいい
  •  

  • 治療にかかるコストが低い

 

 

上記が育毛剤でAGAを治療する主なメリットですね。

 

シャンプーでつむじハゲは治らない(AGAクリニックはシャンプーを使う治療はしていない)

 

シャンプーする高校生

 

ステップ1でも説明しましたが、大事なことなのでもう一度説明します。

 

 

薄毛を気にしだした人で、まっさきに対策する方法として選択しがちなのがシャンプーですが、シャンプーでつむじハゲをを治すことはできません。
なぜなら、AGAは男性型脱毛症とよばれる立派な病気だからです。

 

 

AGAをシャンプーで治そうとするのは、インフルエンザにかかって石鹸で手を洗ったり、うがいして治そうとするのを同じです。
そんなことするなら、病院にいってインフルエンザの薬をもらったほうがいいですよね。

 

 

あと、シャンプーの裏の効果、効能の欄を見てみるとよいです。
どこにも「AGAを抑える」「薄毛を治す」とは書いていないと思います。

 

 

たいてい書いてあるのは

 

  • ふけ、かゆみを予防、防ぐ
  • 頭皮、頭髪を清浄な状態にする
  • 髪を健やかな状態にする

 

などです。

 

 

あと、よくある誤解です、薄毛が治った芸能人、お笑いタレントもシャンプーで髪を生やして治したわけではないです。

 

 

テレビでは、芸能人を使ってシャンプーを使い、さもシャンプーで髪が生えてきたような印象をうけますが、シャンプーで髪が生えることはまずないです。
薄毛から復活した芸能人は、AGAクリニックで治療した結果薄毛が治っています。

 

「その薄毛が治った芸能人が使っているシャンプーだよ。効果ありそうでしょ?」とそれとなく訴えているだけで、シャンプーの効果で生えたとは一言もいってません。

 

 

 

現に、AGAクリニックではAGAの治療でシャンプーを使いません

 

 

使うのは内服の薬、もしくは外用薬である育毛剤が主です。

 

 

都内にある有名AGAクリニックのメンズヘルスクリニックでは、下記のようにAGA治療の項目に「シャンプー」は含まれていないことがわかると思います。

 

AGAクリニックでのメニュー
参照:http://www.menshealth-tokyo.com/aga/cost/advanced/

AGAは食生活の改善では治せない

 

食生活とAGA

 

バランスのいい食事を取ることは髪に限らず、とても大事なことです。
ただ、薄毛に悩む人でよくありがちですが、昆布やワカメなどの海藻を食べたり、毎日納豆を食べたりしてもAGAは治りません。

 

 

先にも説明したとおり、AGAは「病気」なので、病気を治すのは基本的に薬が必要と考えたほうがいいです。
さきほども言いましたが、インフルエンザを食生活の改善や睡眠で治すことができないように、AGAも食生活や睡眠の改善でなおせません。
なぜなら、インフルエンザもAGAも病気だからです。

 

 

食生活の改善で一番効果あるのは、女性の薄毛です。
女性の薄毛は、ホルモンバランスの崩れが大きく影響していることが多く、その原因は普段の生活習慣に隠れていることが多いからです。

 

 

女性の薄毛の治療で使われることが多い「パントガール」とい治療薬があるのですが、これは薬と名前が書いてありますが、中身はただの栄養剤です。
中身は「ビタミンB1」「パントテン酸カルシウム」「薬用酵母」「L-シスチン」「ケラチン」「パラアミノ安息香酸」など、化学成分は一切入っていない、ビタミン剤です。

 

 

このように、女性の薄毛なら食生活の改善の必要性は大いにありますが、男性の特にAGAの場合は、食生活の改善は意味がありません。

 

パントガールとAGA

若いうちにつむじハゲを治すことで、歳をとっても髪の寿命が尽きないようにできる

髪には寿命があり、どんなハゲない人でも最大80年ぐらいといわれています。

 

 

これは、髪を発毛させる毛母細胞が分列する回数が最大40回〜50回ほどのためです。
この毛母細胞の分列はヘアサイクル1回で1カウントです。

 

 

ヘアサイクルは個人的がありますが、1週するのに2年〜6年かかります。
ただ、女性より男性のほうがヘアサイクルが短い傾向にあります。

 

 

(毛母細胞の分列はヘアサイクル一周で1回カウント)

ヘアサイクル

 

毛母細胞サイクル

 

 

この最大40回〜50回の毛母細胞のサイクルの最大回数をすぎると何をしても髪は生えてこなくなります。

 

 

 

AGAになると、このヘアサイクルが半年〜1年半と極端に短くなり、毛母細胞の分列の回数が早くなります。

 

 

例えば、10代では毛母細胞分列が多い人でも約10回、少ない人ではまだ約3回ほどしか分列がされていません。
つむじハゲのAGAが発症して、仮に既に毛母細胞の分列を10回消費していると考えると、0.5年×30=15年で残りの髪の寿命が15年しかない計算になります。

 

 

つまり、つむじハゲが中学生〜高校生あたり発症した10代の場合、今対策しないと30歳前後でもう髪が生えてこない状態になります。

 

 

そうならないようにヘアサイクルを正常なサイクルに戻すことが、育毛です。

 

 

AGAクリニック、皮膚科、育毛剤などを使用して、AGAによって乱れたヘアサイクルを正常に戻すのです。

 

ヘアサイクル

育毛剤で治せないタイプのAGAとは?

今では、AGAに効果のある育毛剤が販売されているため、AGA治療の選択肢は大きく増えましたが、それでも育毛剤では治せないタイプのAGAがあります。

 

 

育毛剤で治療できないAGAは、進行してからかなりの年月が立っているAGAです。

 

 

AGAが原因であるものに限らずでは、AGAクリニックが調査した統計によると、やはり薄毛の進行したAGAは治りづらい傾向にあるといいます。
具体的には、下記のような状態のAGAです。

 

AGAの完成形

 

AGAの完成形(M字)

 

上記が画像の共通点としては、進行した薄毛の部分がすでに「頭皮」ではなく、「皮膚」になっているということです。
色も頭皮というよりは、おでこの色に近い色ですね。

 

 

ここまでいくと、育毛剤の治療はかなり期待が薄いです。

 

 

最低でも、皮膚科ではなく、AGA専門のAGAクリニックのを受けなければ改善の期待は望めない状況です。
ただ、10代でここまで進行している人は少ないので、参考までにしてください。

効果的なつむじハゲの治療を行うには、正しい知識をもつことが重要

10代のAGA

 

10代のつむじハゲについては、まだ髪がある状態(毛母細胞が死滅していない状態)であり、なおかつ育毛剤や薬が有効成分の効きが早いため治しやすいのがい特徴です。

 

 

つむじハゲ対策の基本は、

 

  • つむじハゲの原因を知ること
  •  

  • つむじハゲの原因を知った上で、効果的な治療を行うこと

 

この2つの流れがあります。

 

 

その理由として、つむじハゲは他のタイプの薄毛、例えば円形脱毛症や皮膚の病気と併発した薄毛、女性特有の薄毛と違い、つむじハゲになる原因がほぼAGAなので、対策が行いやすい点があげられます。

 

 

今やドラッグストアやネットなどのいろいろな育毛製品がありますが、それぞれ効果が違っています。
つまり、たとえCMなどの宣伝され知名度があっても、値段の高いものであってもAGAの脱毛の原因を止める効果ないと意味がありません。

 

 

そして、最近CMなどでAGAという言葉が耳にされるようになり、一般的な言葉になりましたが、ハッキリ自分がAGAだと確認できる方法があることをご存知でしょうか。

 

 

2017年最新版!人気育毛剤ランキング

人気おすすめ育毛剤ランキング

 

2017年ランキング1位のチャップアップの効果と成功者の使い方

つむじハゲ、M字ハゲを治す育毛剤

 

10代未成年でもできるAGA対策について

若ハゲの10代未成年のAGA治療


ホーム