AGAの見分け方 | AGAチェック

一発でわかるAGAの見分け方 | AGAチェック!

【AGAチェック!】AGAかどうかをすぐに見分ける方法とは?【ハゲの見分け方】

AGAチェック

 

まずは、自分の髪のどこが薄くなってきているかを確認してみましょう。
生え際、頭頂部、後頭部、つむじあたりなどいろいろあると思いますが、どこが薄くなってきていますか?

 

 

AGAの特徴として、薄毛の進行でもっとも多いのが生え際の後退(もしくはM字ハゲ型)や頭頂部(つむじ辺り)からの進行です。

 

 

他の頭の部位とくらべて、生え際やつむじ周辺の紙が薄くなっている場合はAGAの可能性が非常に高いです。

 

さらに確実なAGAを見分ける方法とは

 

ここから紹介するのは、専門のAGAクリニックで実際に行われいてる方法で、AGAかどうかを見分けるには一番確実な方法といわれています。

 

 

その1、抜け毛を拾う

 

まず、部屋に落ちてる自分の抜け毛を10本ほど拾いましょう。できたら最近抜けたであろう抜け毛が理想です。
シャンプーしたあとの抜け毛なんかも、最新の抜け毛でわかりやすいです。

 

その2、拾った抜け毛の毛根の状態を見る

 

拾った抜け毛の毛根の状態を見てください。どのようになっていますでしょうか?

 

 

正常な抜け毛は、たまねぎのように根本がまるまる太っています。
あまり栄養が行き届いていない毛根は、毛根が髪の毛と同じ太さか、それより細かったりして萎縮しています。

 

ただ、この毛根が細い状態は、これはこれで良くないのですが、毛根がたまねぎのように太くないからと言ってAGAであるとは判別しがたいです。

 

正常な抜け毛と異常な抜け毛

 

その3、毛根の先に白いひものようなものがついていないか確認する

 

ここが一番重要なポイントです。
拾った抜け毛の毛根のさらに先をみてください。
白いひものような、糸のようなものがついていないですか?

 

 

もし毛根の先に白い紐のようなものがついていれば、AGAが進行している確率がかなり高いです。

 

 

この白いひもは、頭皮から毛根へ栄養を送るポンプの役割をしています。正常なサイクルで抜けた抜け毛は、このポンプはついていなく、寿命をまっとうして抜けた正常な抜け毛です。そのため、抜けたあともすぐに新しい髪が生えてきます。

 

 

これが、白いひもがついている抜け毛の場合は、寿命をまっとうする前に抜けた異常な抜け毛と判断できます。AGAの原因である強い男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)は髪が成長している途中で、髪を脱毛させてしまうために、白いひもがついた状態で髪が抜けてしますのです。

 

AGAの影響で抜けた抜け毛
(AGAの影響で抜けた、毛根の先に白いひも(糸)がついている抜け毛)

 

 

白い糸がついてる場合は、薄毛の進行が始まったサイン

 

いかがでしたでしょうか。毛根の状態は正常でしたでしょうか。

 

もし、毛根に白いひも(糸)があった場合は、AGAである可能性が非常に高いです。
そのため、今自分の頭にある髪の本数は、本来自分のもっている髪の本数より少なくなっています。

 

 

薄毛の改善のためには、まずなくなった本数の髪をもとに戻し(発毛させ)、戻った本数がまた減らないように維持することが大切です。

 

育毛初心者はまずコチラ!悩み別育毛おすすめコーナー

 

つむじハゲを治したい方はこちら M字ハゲを治したい方はこちら
10代男性の高校生に多い若ハゲ | つむじハゲの治し方 10代のM字ハゲ、10代の生え際の薄毛を治す育毛法
10代の未成年で薄毛を治したい人はこちら
若ハゲの10代未成年のAGA治療

2017年育毛剤人気ランキング

 

チャップアップのつむじハゲとM字ハゲの効果


ホーム